第一回ドローンレース世界大会の日本選手団団長を上関竜也代表が務める

2018 FAI WORLD DRONE RACING CHAMPIONSHIPSに日本選手団出場

ドローンレースの世界大会としては第一回大会となる「2018 FAI WORLD DRONE RACING CHAMPIONSHIPS」が2018年11月1日から4日間、中国の深センで行われました。この地はドローン製造の世界的リーダーであるDJI社が拠点を置き、ドローン経済の中心として今脚光を浴びています。

今大会には日本を代表するドローンレーサーが結集。そして日本最強の選手団を束ねる団長として、この度JAPRADARの代表監督である上関竜矢氏がその任を務めました。

今大会の日本チーム戦績は、34か国中21位と残念ながら振るいませんでした。しかし、世界の高い壁を肌で感じ取った日本選手団の各人は新たな目標に向かって次のレースに臨んでいくことでしょう。