「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP 2021」小学生が第二代チャンピオンに決定!

小学生として最後の公式レース大会で挑んだ上関風雅選手、有終の美を飾る。

ドローンレーシングチーム「JAPRADAR(R)」所属の小学生ドローンパイロット上関風雅選手が、2021年3月16日(火)に幕張メッセで開催された国内最大級となる屋内ドローンレース「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP 2021」で優勝しました。

同大会は、同一仕様の機体を各パイロットが操縦するためパイロット自身の「限界(リミット)」が試されるレースであることが特徴。昨年に続き今回も国内トップクラスの選手8名が招集され、お互いの意地とプライドをかけてドローンのスピードとテクニックを競い合いました。

今大会、上関風雅(かみぜき ふうが)選手は前大会SEMI FINALで敗れたことに対するリベンジと、小学生ドローンパイロットとしては最後となる公式戦で結果を残すという2つの大きなプレッシャーが双肩にかかるレースとなりました。しかし風雅選手は国内の名だたる選手達との白熱バトルを勝ち抜き見事第二代チャンピオンを獲得しました。

■ドローンレーシングチーム「JAPRADAR(R)」上関風雅選手のコメント

去年の大会では、初代チャンピオンの鈴木匠選手と対戦して負けてしまったのがとてもくやしかったので今回はレースで全力を出したいと思って参加しました。だから今回優勝できてすごくうれしいです。対戦中はいつも通りの飛びができるように「リラックス、リラックス」と自分に言い聞かせていたことがよかったのかなと思います。

今回応援してくれたチームのみんな、とくに練習期間も少ないのに毎日セッティングをみてくれたRYOTA※ありがとう!またこんなキレイですごいレースで気持ちよく飛ばせてくれた運営スタッフの人たちもありがとうございました!

※RYOTA:JAPRADAR(R)所属メカニック

■ドローンレーシングチーム「JAPRADAR(R)」上関竜矢代表監督のコメント

SUPER DRONE CHAMPIONSHIP 2021ではJAPRADAR(R)からチャンピオンを輩出でき、誠に嬉しく思います。我々の活動を支えて頂いたスポンサーや関係者、そして上関風雅選手を以前からご声援頂いている皆様はもちろんのこと、今回初めてテレビの前で応援してくださった皆様にも心より感謝いたします。

上関風雅選手の小学生ドローンレースシリーズはこれにて「完」となりますが、これからもキッズパイロットの育成活動に邁進しチーム全体をレベルアップすることで、さらなるパフォーマンスを発揮し皆様を魅了するレースをお見せできますようチーム一丸となって頑張って参りますので今後とも応援よろしくお願いします。

【開催概要】
名称   : SUPER DRONE CHAMPIONSHIP 2021
開催日  : 2021年3月16日(火)
特集サイト: https://www.hikaritv.net/sp/dronerace/
放送局  : テレビ東京系列6局ネット
放送日時 : 2021年3月21日(日)16:00-17:00
番組URL  : https://www.tv-tokyo.co.jp/dronerace/