JAPAN DRONE LEAGUE 2021 Round4

上関選手、川田選手、高野選手が1~3位でRound4もJAPRADARが表彰台独占。

2021年7月18日(日)にこどものくに(宮崎県宮崎市)で行われたJAPAN DRONE LEAGUE(以下JDL) 2021 Round4。Round1~2のプロクラスでは上関選手、川田選手、高野選手が常に5位以内に位置、今季もJAPRADAR®の選手は好調だ。南国宮崎で行われたRound4でも彼らの活躍がみられた。

Round4宮崎のコースの大きな特徴は10mはあろうかというヤシの木の天辺からすぐ下にあるゲートへダイブしくぐり抜けるというもので、昨年は数々のドラマが生まれた。しかし今回は大会前の天候不順に起因した理由によりゲートのすぐ上からまたぐという難度を下げたものに急きょ変更。この変更がレースにどう影響するのかが今回の見ものとなった。

予選ではLap数6でタイム1:43.324を叩き出した川田和輝選手がTOP。続く上関風雅選手がLap数6でタイム1:47.190、高野奏多選手がLap数6でタイム1:51.221と4秒差近く差を広げ準決勝へとコマを進めた。また橋本勇希選手は7位、山本悠貴選手は9位と上位に食い込み、準決勝へと望みをかけた。

JDLでは準決勝からは各クラス予選上位9位までの選手で争われる。今回は上位9位中5名がJAPRADAR所属選手であるため、仲間でありライバルである彼らの熱いドローンバトルが繰り広げられたが、決勝へは上関選手、川田選手、高野選手が勝ち上がる。その決勝では3者のレース機がクラッシュする場面もあり非常にエキサイティングなレースとなった。結果としては1位上関選手、2位川田選手、3位高野選手であった。


上関風雅選手コメント
川田和輝選手コメント
高野奏多選手コメント

JAPAN DRONE LEAGUE 2021 Round4の詳しい結果やレース動画は以下のリンクから。
JAPAN DRONE LEAGUE – Round4_2021

2021年度JDL第4戦in宮崎
ドローンレーシングチーム「JAPRADAR®」及び「CLUB JAPRADAR」所属選手の戦績は以下の通りです。

■プロクラス 
1st:上関 風雅
2nd:川田 和輝
3rd:高野 奏多
7th:橋本 勇希
9th:山本 悠貴
10th:岡 貴司

■エキスパートクラス
5th:上関 桜雅
13th:井上 裕二

■オープンクラス
該当者なし 

※JDL第3戦in北海道はコロナ禍で開催中止。

【お知らせ】表彰台を総なめにしたJAPRADARパイロットの愛機と同型マシンがその手に!

2021年7月31日(土)8月1日(日)両日とも10:00から東京都立川市にて組立教室が開催予定です。
初回を記念して申込者全員にゲームコントローラー型小型送信機「T-lite」をプレゼント!
JAPRADARメカニックDr.RYOTAが丁寧に解説しながらの組立教室になりますので、
募集枠は6名と少数!
定員に達し次第募集を締め切らせて頂きますのでお申し込みはお早めに。

イベントについてはこちらから↓
JAPRADAR発! 本格ドローン組立教室を立川で開催!