「最高のミスマッチ」に上関風雅選手が出演しました

2022年1月2日(日)放送のフジテレビ「最高のミスマッチ」で上関風雅選手がドローンで新春隠し芸に挑戦しました。

世界有数の特殊能力を本来とは全く違う分野で試すことで、誰も見たことのない”奇想天外な掛け算”が実現し、最高の化学反応を引き起こす新感覚バラエティー「最高のミスマッチ」。今回は「人生で決して交わることのない分野」にミシュランシェフや記憶力日本一の大学生といった”超人”が挑戦、ドローンレース日本チャンピオンの風雅選手はなんとドローンで新春隠し芸に挑戦しました。

かつて同局でお正月番組として一世風靡した新春隠し芸大会。今回風雅選手はドローンレースで培った技術を駆使して伝説の隠し芸に挑みます。

まずは小手調べとして初見の林をレース用(FPV)ドローンで駆け抜けてみせようとするも初動の凡ミスでまさかの墜落。普段シャイな風雅選手も思わず恥ずかしがる一面を見せたが、再挑戦では”障害物を瞬時に把握し回避できる能力”を見せつけ見届け人を大いに驚かせた。

そしていよいよ挑戦に。まずは「全速力ドローンマッチ」という演目。固定されたマッチをドローンに取り付けたヤスリで擦って着火させるというもの。スピードが遅ければ火はつかず、高度が低ければマッチは倒れてしまう。練習では難儀していた風雅選手だが、本番では持ち前の精神力と集中力で一発成功する。これには風雅選手も「うぉっしゃあー!」と渾身のガッツポーズで喜びを見せた。

続いて挑むのは「ドローンテーブルクロス引き」。かの有名なテーブルクロス引きを特製フックがついたドローンでチャレンジするというもの。番組では高度・スピード・コントロールが要求される”難易度ハイパーMAX”の演目と紹介。この挑戦を成功させるには①左右3cmしか隙間がないテーブルの下をくぐり抜けること②時速100キロ以上のスピードであること③テーブルと並行に飛行させることが必要になる。

本番ではその難度のため流石に一発では成功とはならず。しかし諦めることなく果敢に何度もリトライ。しかし結局成功することはできずにラストチャンスを迎える。後が無いこの場面で実力を見せるのが風雅選手。見事テーブルクロス引きを成功させ彼の底力を披露した。

以下のリンク先では風雅選手の挑戦に密着した見届け人のコメントも現在公開中です。
https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/20211332.html

■番組概要
フジテレビ「最高のミスマッチ」
放送日:2022年1月2日(日)(24:20〜25:20放送)
URL:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/thebest_mismatch/index.html